2020.3.24 海外ウェディング

海外ウェディング  ウェディングドレスは国内で選ぶ?現地で選ぶ?メリットとデメリットをお伝え

結婚式が多様化する中、年々増えている海外挙式。

ドレスは挙式パッケージの物を現地で選ぶべきなのか?お気に入りのドレスを国内で選ぶべきのか?

そんな悩みをよく耳にします。

それぞれメリット・デメリットはありますが、一生に一度の大事な結婚式、後悔がないようにドレス選びを楽しんで頂きたいです♡

 

現地でドレス選びをするメリット

なんと言っても荷物が少ない、というのが1番のメリットです。

ウェディングドレスは貴重品になるので、機内持ち込みをして頂く必要があります。

海外旅行はなにかと荷物が増えるものなのでできる限り身軽に行きたい、という考えの方が現地で選ばれていますね。

 

国内でドレス選びをするメリット

現地で限られた時間の中で選ぶより、断然事前に国内で選んで持っていくことがオススメです。

「写真で見た感じと実際に着た感じのイメージが違う」

「ハイシーズンで空いているドレスが少ない」

「サイズ感がしっくりこない」

そんな後悔が残ってしまう可能性も。

せっかくの結婚式前にトラブルは避けたいものです。

リゾートウェディングにぴったりなドレスの選び方はこちら★

 

国内でデザインを選び、現地のドレスをお召頂くことも可能

海外挙式でも提携のドレスショップが日本にある場合、現地に同じデザインのドレスを置いているところも。

国内でドレスを選んで現地のドレスを着ることができるので、機内持ち込みをする必要がないのです。

また、機内持ち込みが必要な場合は、専用のドレス用バックを準備されていることも多いので安心して頂けます♡

 

レンタルドレスの方が海外挙式におすすめの理由が詰まったコラムはこちら★

 

トータルコーディネートを事前に考えやすい

国内でドレスを決めると、じっくり試着をして写真に撮ってみたり、アクセサリーやベールなどの小物をドレスに合わせてコーディネートしたりできることができます。

また、ヘアスタイルのイメージを伝えるときも、試着時の写真を持参できるので伝わりやすいというところもメリットですね!

 

ブライダルメイクやヘアスタイルにお悩みの方はこちら★

 

まとめ

シワになりにくい素材、ビーチ撮影におすすめのドレスなどプロのドレスコーディネーターが花嫁さまの不安点を解決しながらドレスの提案をしてくれます♡

ドレスに妥協はしたくない、選んでいる時間も楽しみたいという花嫁さまはぜひ一度ご相談くださいませ。

海外挙式におすすめのコーディネートはこちら★

 

Dressesでは掲載ドレスのご試着のご予約も承っております。

下のボタンからお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

Coordinator

Dresses

ご試着・ご相談はこちら