2018.9.14 ドレス選び

0views

神前式からのお色直しでドレスを選ぶなら…ドレス選びの基礎知識

最近、神前式を選んでいるカップルが増えています。

しかし、花嫁さまの中には、「和装だけでなくドレスも着たい……」という方もいらっしゃいますよね?

そんな方には、ぜひ、神前式からのお色直しで、ドレスを選ぶことをおすすめします。

ここでは、和装から洋装へのお色直しで、覚えておきたいポイントをご紹介していきましょう。

 

ウェディングドレスへお色直しってアリ?

神前式が増える中で、白無垢とウェディングドレス、その両方を着ることに躊躇する方もいらっしゃるようです。

しかし、実はこれといったルールはなく、結婚式と披露宴の中で白無垢とウェディングドレス、その両方を着用するのは問題ありません。

披露宴会場へ移動する間にウェディングドレスに着替えておいて、ゲストへ与える印象をガラッと変えるのもいいですね。

白無垢/silver hangers

ウェディングドレス  Caroline Castigliano 03-70163 ボレロ 220-70011 /Authentique

 

パーティームードが盛り上がるカラードレス

荘厳な神前式の会場から、パーティームードのある華やかな披露宴会場へ移動するケースもありますよね。

そのときはカラフルなカラードレスを選んで、華やかに決めるのもおすすめです。

カラードレスはレーシーな素材で軽やかなデザインも多く、花嫁さまにとって身にまといやすい花嫁衣装と言えます。

カラードレス Leaf for Brides /silver hangers

 

 

神前式からのお色直しで覚えておきたい注意点

神前式からのお色直しで覚えておきたい、ドレス選びの注意点をご紹介しましょう。

和装から洋装に着替えるお色直しは、だいたい20〜30分程度。

そのお色直しの時間をどうするのかなど、具体的な対策について触れていきます。

 

ウェルカムドリンクなどでおもてなしを

挙式から披露宴の間にお色直しをする場合、そのためだけにゲストを待たせるのはよくありません。

メイクやヘアも変えなければいけない、和装から洋装の衣装直し。

ウェルカムドリンクなどを提供して、おもてなしの“気持ち”を、きちんとゲストに示すような工夫をしましょう。

 

会場に合った衣装を選ぶことは忘れないで!

ウェディングドレス /silver hangers

和装から洋装へお色直しをするのは、もちろんOKです。しかし、会場のムードに合わないドレスを選ぶのは考えもの…。

大振りなリボンのついたプリンセスラインのドレスは、もしかしたらシックでモダンな会場には似合わないかもしれません。

スレンダーラインなどのボリュームの少ないドレスのほうが、和テイストの会場には似合う場合もあるでしょう。

必ず、披露宴会場に合わせてドレスをコーディネートするようにしてくださいね。

ウェディングドレス/silver hangers

実は、神前式でもウェディングドレスなどの洋装をすることは可能です。

ただし、神社によってはNGとなる場合もあるので、事前に衣装の確認はしておくようにしましょう。

お色直しの最大のネックは時間がかかることです。

自分たちのことだけでなく、ゲストの気持ちも考えながら、ゲストをあっと言わせる衣装に着替えて、

披露宴を盛り上げていきましょう。

 

神社で挙式をお考えの方におススメ♡

福岡の神社で模擬挙式体験ができるフェアはこちら↓↓

ご試着・ご相談はこちら

Coordinator

Dresses

ご試着・ご相談はこちら