2018.6.13 ドレス選び

0views

自分に似合うドレスで愛され花嫁さまに♡選び方のポイントと人気のドレスをご紹介

人生の一大イベント、結婚式。

どんなドレスを着ようかな、なんて考えるだけでワクワクしませんか?

せっかくだから自分に合ったドレスを着て、「愛され花嫁」になりたいですよね。

今回は自分に似合うドレスの選び方と、花嫁さまたちから人気の高い愛されドレスについてご紹介致します。

 

ドレスは会場の雰囲気に合ったものを

一般的には、まず結婚式をするに当たっては新郎さまや親族の意見も聞きながら「会場」の選定から入ります。

神社・仏閣でするか、ホテルでするか、教会でするか、リゾート婚にするか…などです。

ウェディングドレス INES DI SANTO /JUNO

 

会場が決まれば雰囲気も分かり、漠然と和装にするか洋装にするかといったイメージがわいてくるはずです。

愛され花嫁さまになるには、まず会場と会場の雰囲気を掴むことから始めましょう。

その際、スタッフの人に会場で挙式をした人の写真を見せてもらうなどして、どういう雰囲気のドレスが合うのかリサーチしておくと良いですね。

ウェディングドレス MARCHESA 03-20085 /JUNO

 

自分に似合うドレスの形と雰囲気を知る

いざドレス決めの段階に入り、数あるドレスの中からことになったとき、大事なポイントは着たいドレスよりも「自分に似合うドレスの形や雰囲気を知る」ということです。
素敵なドレスばかり目がいってしまって自分の雰囲気や体型に合っているかどうかがわからなくなってしまう、という花嫁さまは少なくありません。

 

まず、ドレスにも「プリンセスライン」「Aライン」「マーメードライン」「スレンダーライン」「エンパイアライン」など様々な形があります。

Authentique大阪店

 

 

プリンセスラインはスカートがふんわり広がっており、まさに「お姫様」のようなドレスです。

Aラインはスカートが「A」のように下に向かって広がっていくドレスです。

この二つのドレスは身長や体型に関係なくどんな花嫁さまでも似合うドレスの形です

ウェディングドレス  ENZOANI/ Fiore Bianca

 

一方でスレンダーラインは縦長のシルエットになるため、背が低い方やぽっちゃりした方には不向きです。

マーメードラインはくびれを強調してくれるため女性らしさを強調できますが、体型がスリムな方向けです。

ウェディングドレス ROSA CLARA 03- 70285 /Authentique

 

 

ドレスの素材感も花嫁さまの雰囲気をより一層引き立ててくれる役割があるのでとても重要です。
例えば、レースやチュールはフェミニンな雰囲気の花嫁さまにおすすめです。

ウェディングドレス / Fiore Bianca

 

対象的にシルクサテンやタフタといった光沢のあるドレスはスタイリッシュな雰囲気があるので大人っぽい花嫁さまに向いています。

ウェディングドレス ANTONIO RIVA 【KRISTEL】03-6705/JUNO

 

 

1回目の試着の際は、できるだけ色んなタイプのドレスを着てみて、自分に似合うドレスのタイプを探してみましょう。

ウエディングドレス/JUNO

 

2回目以降はある程度ドレスのタイプを決めてから、ショルダーや胸元のデザインなどディテールを意識して選んで頂くのがベターです。

Authentique大阪店

 

 

試着した際写真をいろいろな角度から撮ったり、ドレスショップの方に意見を聞いてみることも大事です。

冷静に判断することが自分に合った運命のドレスを見つける重要な鍵となります。

ウェディングドレス ISABELLE ARMSTRONG /La Primevére

 

 

人気の愛されウエディングドレス

自分に似合うドレスがわかってきたところで、特に人気のウエディングドレスをご紹介致します。

 

こちらは無駄のないシンプルで洗練されたデザインでありながら、ウエストのくびれやバックリボンが女性らしいウエディングドレスです。
着た瞬間に花嫁さまが即決してしまうほどとても人気の高いドレスです。

身長や体型を選ばずお召頂きやすく、Aラインやプリンセスラインのインパクトが欲しい、でも大人っぽいシンプルなデザインが着たいという花嫁さまにおすすめです。

ウェディングドレス ANTONIO RIVA 【SISSI】03-6704/JUNO

 

ふわふわとしたチュールのボリューム感が女性心くすぐる一着。
どの角度から見ても華やかでインパクトのあるウエディングドレスです。
小柄な方にもおすすめです。

ウェディングドレス ENZOANI 03-20047 /Fiore Bianca

 

キャサリン妃のロイヤルウエディングを彷彿させるかのようなロングスリーブレースは、花嫁さまを究極に上品でノーブルに演出してくれます。

クラシカルで伝統的な雰囲気が年配の方にも受けがよい一着です。

腕の太さが気になる、という方にもおすすめです。

ウェディングドレス  Caroline Castigliano 03-70242 /Authentique

 

こちらは適度に肩の力が抜けたエフォートレスなスレンダーラインのドレスです。
胸元の緩やかなドレープとレースのフレンチスリーブが花嫁さまをより一層可憐に魅せてくれます。

身長の高い方や小柄な方ならヒールのあるウエディングシューズをおすすめします。

HALFPENNY LONDON

ウェディングドレス HALFPENNY 03-70224 /Authentique

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は愛され花嫁さまをテーマにご紹介させて頂きました。
自分に似合う、誰からも愛されるウエディングドレス姿で特別な一日をお過ごしくださいね。

ご相談・お問合せはこちら

Coordinator

Dresses