2018.2.16 ドレス

0views

モダンと伝統に隠れている魅力♡

新ブランドのドレス、和装、アクセサリーなどを、京都に新商品の買い付けに行って参りました。

伝統的な和装から、モダンなドレスまで、今回のコラムではトラディショナルとコンテンポラリーの魅力を紹介したいと思います。

 

伝統的の魅力を表す和装

まずは和装から。

時間を戻し、トラディショナルが溢れる和装。

 

色や柄に違いが様々ありますが、生地も異なっています。

たとえば柄が多い打掛は、厚い生地ではないと、重さを支えることが出来ません。

 

 

こちらは黒いベルベットの生地です。黒の生地は、直接染めるより、赤や緑に染めて、その後黒に染めた方が、黒が深くて綺麗に見えます。

シンプルな生地でも制作は難しく、一つずつの作品を独創的にさせています。

 

 

和装によく使われている鶴柄の手書きは印象的で、珍しく、作品者の思いを込めた創作になります。

色が異なり、明るい作品ですよね。

 

モダンな現実へ

和装の後、印象は全く違うLeaf for Brides 2018 Winter Collection ”Contemporary Colors”を紹介させていただきます。

サテン、ミカドと見たことのないチュールのカットのモダンで、コンテンポラリーなコレクションでした。

 

こちらは繊細なフラワービーディングの女性らしいピンクドレスです。

背中がはっきり見えて、スリーブがあるように見えますが、実は付け外しが自由にできるオリジナルな一着です。

 

ピンクの他には、アップルグリーンの色もあり、同じドレスなのに違うイメージを生み出してくれます。

 

そして、この大人っぽい落ち着いているピンクドレスは細やかな光を放ち、上品な一着です。

 

 

Tribunalトレーンのネイビードレスはかっこよく、エレガントが出るとともに、ウエストと胸のリボンは可愛さを加え、ギャップを作っています。

 

ウエストを引き立ち、目を奪うオリジナルホワイトリボン。

 

さらに、2018年のファッションショートレンドに合わせるおしゃれでコンテンポラリーなスリーブは結んでいるドレス。

 

 

いかがでしたか?

和装、ドレス、カラードレス、違う印象をもたらすウェディングの一着を見て、伝えたいイメージを決めて、お好みのウェディングスタイルを見つけますように。

ご試着・ご相談はこちら

Coordinator

TORRES VANESSA

ご試着・ご相談はこちら