2018.2.6 ドレス

0views

知りたい!白いウェディングドレスの起源

現代では、ウェディングドレスは白のイメージが強いですが、歴史に振り返ると、実は昔のイメージは異なりました。

どうしてウェディングドレスは白いのでしょうか?

今回のコラムではウェディングドレスの起源と変化を紹介したいと思います。

 

ローマ帝国では白いウェディングドレスが使用されていたが。。。

ローマ帝国では白いドレスとオレンジの花冠は結婚の服装でした。

現代でもインスピレーションとなり続けるローマ帝国の白いエンパイアラインドレス。

ウェディングドレス Yolan cris 03-7463/ Fiore Bianca

 

しかし、中世時代から、白いドレスよりも、赤や黒のカラードレスの方が好まれ始めました 。

この色のカラードレスの方が、染物師にとって作りやすかったからだそうです。

色よりも、アクセサリーの方が大事でした。

以降、ウェディングドレスはカラードレスとして意識され、中世時代から19世紀までこの考え方が主流でした 。

19世紀にも、赤いドレスで結婚が行われ、白は喪服に使われていました。

 

ヴィクトリア女王の結婚式のインパクト

しかし1840年に、ヴィクトリア(イギリス女王)は廷臣の反対を聞かずに、ローマ帝国を彷彿とさせる白いドレスとオレンジの花冠で結婚しました。それで、今でも使い続ける白いウェディングドレスの習慣が確立されました。

 

■象徴的意味に囲まれている白

白は純粋さ、無垢の象徴であり、特にキリスト教では処女性を示す色として考えられています 。

現代でも、習慣として、美的感覚として多くの人が白いドレスを選んでいます。

確かに、どのようなアクセサリーを付けても素敵で、顔の色に合う色です。

そしてライン、モチーフ、刺繍などで差をつけていますね。

同じ白なのに印象は全然違うドレスを紹介させていただきます。

 

長いトレーンを外すことができるこのマーメイドラインドレス。

ウェディングドレス/JUNO

 

こちらはyolancrisのビーディングとエンブロイダリーレースのドレスです。

ウェディングドレス Yolan cris 03-7458/ Fiore Bianca

 

シンプルなイメージを与える胸元のドレープが美しいドレス。

ウェディングドレス HALFPENNY /Authentique

 

イリュージョンネックとレースのボリュームが多いドレス。

ウェディングドレス Caroline Castigliano 03-70288 /Authentique

 

こちらはRosa Clara(ロサクララ)のスレンダーラインドレスです。

長いレーススリーブは特徴です。

ウェディングドレス ROSA CLARA 03-70285 /Authentique

 

長い歴史があるウェディングドレスは起源を忘れずに、現代のモダン花嫁さんのニーズに応えるように進化し続けています。

関連コラム:ティアラに込められた意味と由来

掲載ドレスのご試着・レンタル価格などお問合せはDressesまで。
お気軽にお問合せください。

ご相談・お問合せはこちら

Coordinator

TORRES VANESSA